ピンチな時

数日前から実はピンチ?を迎えています。
うちの果樹園の隣では第一線を退かれた方がほんの少し梨を作られているのですが
その果樹園からうちの果樹園へ病気(黒星病)が広まってしまったのです。
この病気は低温の雨の日に広まります。
潜伏期間は2週間です。
一つ一つ調べながら伝染した梨は捨てずに袋にまとめ離れた場所で燃やします。
少しでも被害が減らせるよう急ピッチで摘果&袋かけをしています。

c0059782_23372269.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2007-05-22 22:21 | なし | Comments(4)
Commented by とこたん at 2007-05-23 16:26 x
大変ですね。
急ぐ作業だとは思いますが、あんまり無理しないで頑張って下さいね。
被害が少しでもすくなくて済むように、祈っています。
Commented by kazgarden2 at 2007-05-24 09:45
う~ん本当に 自然との戦いですね。 ありのみさんの投稿を去年からずっと読んできて いかに大切に梨が育てられているか というをいつも感じてます。 被害が少なくすみますように…
Commented by ありのみ at 2007-05-24 23:08 x
とこたんさんこんばんは!
ありがとうございます。
今日、隣の果樹園の樹は切られ燃やされました。
一度病気が広まってしまうとと防げないのが辛いです・・・・
黒星病は2週間たたないと表面に出で来ないのでこれからどれだけ出て来るのかわからず不安な日々です。
少しでも被害が出ないよう祈るばかりです。
Commented by ありのみ at 2007-05-24 23:15 x
kazさんこんばんは!
ありがとうございます。
梨は病気がすぐに広まってしまうので広く感染すると切らなくてはならないのです・・・ウイルスのようにどんどん広まっていってしまう・・どこまで広まるかが全く分からないのが辛いところです。
でも3年前に台風で3000個くらい落ちたことを考えると・・・なんとか乗り越えられそうです。毎年が、毎日が勉強です。
<< 梨の病気 日暮れまでのじかん >>