枝を燃やす

c0059782_1352567.jpg

病気が広がらないよう剪定後の枝を集めて燃やします。
病気の(疑いのある)花芽も皆集めて燃やします。
病気が広がるのがとても怖いです。
灰になったら果樹園に撒きそのまま肥料になります。
火を焚きつける作業は原始的なのでコツが要り難しいけれどおもしろいです。
昔から人間がしてきた「火を焚き付ける」という作業、とても大事ですが
なかなか体験できないことになってしまいました。
c0059782_1341881.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2007-02-23 13:04 | なし | Comments(2)
Commented by 宇山辰夫 at 2007-02-24 17:50 x
火を焚く。。。いろいろ規制があって前ほど焚けなくなりました。風呂を冬場は焚きます。焚き付けるのが慣れるまでは大変ですよね。山作業をする時は雨でも雪でも焚きつけが出来ないと一人前扱いをしてもらえなかった。果樹の病気は怖いですから完全な処置を・・・!
Commented by ありのみ at 2007-02-25 20:15 x
宇山さんこんばんは!
東京に住んでいる時はいつの頃からか焚き火が出来なくなりました。
こちらに来て初めて?焚いたかもしれません。
焚きつけ難しいですね~でもおもしろいです。
これからしばらくは毎日、枝を集めて燃やす作業が続きます。
今の家はボイラーでお風呂を沸かしますが今度の家は薪で焚くお風呂です。不便さ?を楽しもうと思います。
<< トリピー現る ルイス・C・ティファニー美術館 >>