娘の心境

今まで田舎育ちの娘が東京の暮らしに慣れるということは
ほんとうに大変でした。
ですが3歳になり、この度の東京での生活の順応力は驚くばかりです。
電車に乗りエスカレーターに乗り、改札でスイカカードをピッ・・・
日々楽しんでいます。
ですが毎晩布団の中でぽつりと言います。
「りんこ、とっとり、さじがいいな」
鳥取は隙間だらけの寒い家
東京は寒いと思うことがない暖かな家
それでも
田舎生活と東京での生活を両方体験した上で
娘が田舎を選ぶということに心を打つものがありました。
[PR]
by arinomi276 | 2007-01-24 19:18 | かぞく | Comments(4)
Commented by julia at 2007-01-24 19:39 x
今日のブログは、何だか胸に響きました。
うまく言えませんが・・・。
Commented by drop at 2007-01-24 21:45 x
ありのみさん、こんばんは。
りんこちゃん・かわいい♪その発想が(o^∇^o)ノ
どんなところでも、住めば都です。→私も見習わなくっちゃ!
Commented by arinomi276 at 2007-01-25 22:16
juliaさんこんばんは!
人間は子供のころは根本的に自然が好きなんじゃないかと思います。
そして大人になって都会が好きな人と自然が好きな人と別れる。
そんな風に思いました。
今日、大きな公園に連れて行ったら娘のいい顔が見られました。
街では不安なのか?抱っこ~ばかりですが走り回っていました。
いつもこちらで食べている「すっぱい葉っぱ」を捜していろんな葉を食べようとしていましたが東京の葉っぱは汚いからだめだよ~

Commented by arinomi276 at 2007-01-25 22:21
dropさんこんばんは!
そうですね~娘のふるさとは鳥取ですからね~
大きくなったら東京に行きたいなんて言い出すかも知れませんね~
去年はディズニーリゾートのホテル内で「さじがいい~」と大泣きしこちらも辛くなりましたが今回は泣くこともなくほっとしています。
<< 武蔵野 贈り物 >>