販売の難しさ

ここ一月ほどあたご梨の販売、発送を続けています。
一難去ってまた一難。
いくつもの大ピンチを乗り越えここまで来ました。
保存していた梨に予想外のウテが出来ていたり・・・
(収穫時にきつく詰めすぎたものか取り扱い時のものか)
予想外にあられの跡が残っていたり。
数が数百ケースとなるとクレームもあります。
発送後(運送中)の破損もあります。
本当に販売は難しいですが1人でも多くのお客様に喜んでいただけるように
がんばります。
[PR]
by arinomi276 | 2006-12-21 16:54 | Comments(4)
Commented by 宇山辰夫 at 2006-12-21 19:46 x
売るのは難しい。少ないときはいい。多くなればなるほど難しいですよ。それで宇山は今は米売り休止!   多く売らなきゃならない 売れば当然クレームをつける人が出てくる。農産物は生き物 言われるようにはならない。  農産物を売る者のジレンマ!とりあえずはチヤホヤしてもらえますがその先どう信頼してもらえるかです。 失敗しながらボチボチですよ。前向き。。。前向き。。。明日は明日の風が吹く・・・!ですよ。。。
Commented by ありのみ at 2006-12-23 19:40 x
宇山さんこんばんは!
毎日が峠です。
明日は明日の風が吹く!
そうですね!もうひとがんばりです。
どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by 丑学生 at 2006-12-24 22:31 x
前に24日でほぼ終わると言ってましたが、どうですか?僕は今、鳥の劇場から帰ってきたところです。昨日は狂言を観にいきました。おとついは砂丘イリュージョンのボランテアでした。
Commented by arinomi276 at 2006-12-24 23:06
丑学生さんボランティア楽しがんばってますね~
明日、70箱近くありますが最後の山です。
あとは小さい梨を市場に出したりします。
また気が向いたら来てくださいね~
主人の実家、赤碕にも来てみる?
<< クリスマス??? 甘いもの依存症 >>