今年の20世紀梨の販売まとめ

今週は20世紀梨のまとめをしました。
収穫した梨でどれだけの進物ができ、どれだけのサービス品ができ、販売できなかった梨がどれくらいだったかパーセンテージで表しました。
販売できなかった梨はどうしてできてしまったのか?
収穫時期が早すぎたり、遅すぎたりすることがありました。
基本的に先端から熟れていきますが20世紀梨は袋がかかっていますし、袋を少しむいて見ても光によって色が違って見え収穫時期の見定めはとっても難しいです。
この樹は弱っていて熟れるのが早かった、この樹は遅かった・・・
水はけがいいところと水はけが悪いところで熟期が違ってくる・・・などなど
今年の自分たちの出荷能力が正確にわかってきました。
果樹園の樹をエリアごとに分析する必要があるようです。
そしてその樹にあった収穫をすることが重要となります。
今回の問題点を箇条書きにし反省点を文章にしました。
1本1本の樹を子供のようにその特徴を捉えた梨作りをしていくことが課題です。
安心、安全でおいしい梨作り
何より食べてくださる方のことを第一に考えた梨作りと出荷
このことを心に焼き付け生かしていくこと。
本当の意味の今年の20世紀梨販売が終わります。
[PR]
by arinomi276 | 2006-10-06 11:19 | なし | Comments(4)
Commented by kozukuk at 2006-10-07 21:30
こんばんは。長野のこずくです。
鳥取の梨は有名ですもんね。
収穫が終了したとの事、お疲れ様です。
うらやまし~!
Commented by ありのみ at 2006-10-07 22:12 x
こずくさんこんにちは!
今日もお仕事ご苦労様です。
それにしても天気が悪くて困りますねぇ・・・
20世紀の後は11月に収穫するあたご梨の作業があります。
またまた伸びている草刈りもしないと、穴掘りもしないと・・・いろいろすることがあります~
ぶどうは繊細で取り扱いも大変気を使うと思います。
どうかもうしばらくがんばってくださいね~
またおもしろいHP楽しみにしています。
Commented by aya-kura at 2006-10-07 22:45
ありのみさん。お疲れ様です。
お久しぶりと言うか・・・コメント遅くなりました、aya-kuraです。
以前に頂いた『20世紀梨』懐かしい味で、小学生の頃を思い出しました。
私、小さい頃りんごが苦手で秋になると鳥取の20世紀梨ばかり食べていたんです(笑)素朴な甘さとジュ-シ-な繊維の食感が今でも大好きです。
彩蔵での料理におろし金で卸して・・・ドレッシングにしました。
また来年、サ-ビス品お願いします。
あたご梨も食べたいなぁ~
ではでは。
Commented by ありのみ at 2006-10-08 08:30 x
aya-kuraさんこんにちは!
20世紀梨食べていただきありがとうございました。
まだまだ未熟者ですが来年少しでもおいしいものが作れるようがんばってまいります。
私は赤梨で育ったんですがこちらに来て20世紀に慣れてしまい20世紀しか食べません。
もともと硬くて酸っぱいものが好きでりんごも紅玉が好きです。
お店にも出していただいたのこと光栄です。
もう1件、広島のステーキやさんでもお客さんに出していただいたそうで
うれしいです。
来年またサービス品送らせていただきます。
またよろしければあたご梨のダイレクトメール送らせていただきますね。
本当にありがとうございました!
<< 雨・雨・雨 遠足 >>