生産者と生活者

実家で利用している生協のpalsystem(パルシステム)。
そのチラシ「産直通信」~産地と組合員を結ぶ情報誌~で心に残る言葉を見つけました。
パルシステムでは生産者と組合員(今やただ消費者でなく主体的に生活者と呼ぶべき)の間で「安定取引」と「交流」という産直協定が結ばれています。
そしてその協定には組合員(生活者)の食の安全を守るだけでなく、生産者が安心して農業を続けられる環境を守りたいという思いが含まれているそうです。
生活者が生産者を守り、生産者が生活者を守る関係がそこにはあるのです。
「生産者は作物を育てている。
そして組合員(生活者)はその作物を利用することで、生活者自身を育てている。」という言葉がありました。
心に残る言葉でした。
c0059782_315935.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2006-08-08 02:54 | Comments(0)
<< 旬を味わおう 暑い一日 >>