やきもきの日々

ここ鳥取の佐治は先週まで快晴の素晴らしい天気が続いていましたが、
今週は時々晴れ間があるものの毎日雨が降っています。
雨で収穫が進まず(あたご梨は貯蔵するので袋が濡れていると表面にシミができてしまうのです)しかもこの時期雹(ひょう)が降ることがあり、雹にやられるとあたご梨は出荷できなくなってしまうのです(1年間の努力が水の泡です)・・・
父母共に雹が降らないか、早く収穫を終えたいとやきもきやきもき・・・・
昨日は小雨の中でも仕方なく収穫したのですが採った分は袋がぬれているので
みな袋を破き、表面を乾かしてひとつひとつ新聞紙で包みなおさなければなりません。
今日は1日発送とその作業をしました。
あたご梨は他の梨と比べると高価ですが大きさもありますが手間がすごくかかるのです。
貯蔵などの面でも洋ナシに似ています。
ただいま我が家の作業場は貯蔵するあたご梨のベット(コンテナ)でいっぱいです。
収穫されたあたご梨は出荷されるまでベットの中で熟成されます。
写真は昨日の晴れ間(数時間でしたが)とありのみ農園のあたご梨3個入り
c0059782_0112792.jpg
c0059782_0115342.jpg










c0059782_0121863.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2005-11-19 00:12 | Comments(0)
<< 贈り物 贈り物 >>