あたご梨情報

あたご梨は2、3度霜を受けるとさらに甘くなるといいます。
ありのみ農園ではちょうど霜を受ける11月中旬頃に収穫し1月頃まで販売します。
(今年は成長が早くもしかするともう少し早くなるかもしれません。)
あたご梨は20世紀梨はちょっと・・・という方にも大変ご好評をいただいております。
佐治は(鳥取県内も)20世紀梨が主であたご梨に力を入れている方が少ないのですが
ありのみ農園では20世紀と同等に力を入れて作っています!(植えてあるところも一等地です)
収穫したばかりのあたご梨はジューシーで甘味と酸味のバランスが絶妙です。
(こちらを好まれる方も多いです)
その後追熟させた梨はだんだんと甘味が増し、まろやかになってきます。
さらに雪が降る頃雪の中で寝かせた~雪あたご~は大変ご好評を頂きました。
11月頃ダイレクトメールを発送させていただきます。
今回はあたご梨の食べ方などもご紹介させていただきます。
ただいまダイレクトメールの構想中です。
写真は本文と関係ありませんが夜用事で出かける主人と娘です。
佐治の夜はもう5℃以下になりました。霜が降りるのももうすぐです。
c0059782_21285580.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2005-10-25 15:17 | Comments(0)
<< 智頭宿 秋晴れ >>