地球人として生きる

今日新聞でフローラン・ダバディー(トルシエ前監督の通訳者)さんのお気に入りを
紹介するコラムを読んで・・・
「小さい頃から世界中を旅することが夢でした。
両親は誕生日プレゼントにおもちゃではなく旅をプレゼントしてくれました」とありました。
そしてお気に入りに「世界が見える地図の絵本」を紹介し、小さい頃寝る前に1時間くらい
眺めているうちにこの惑星のどこにどんなものがあるかに興味をもったそうです。
最後に「同じ惑星に生きる人間として共存し合い、人類共通の文化遺産を守ることが僕たちの使命だと思います」とありました。
地球人として生きる
いつも地球のことを意識できる人間でありたい
せめて地球人である自覚を持っていたいと思いました。
c0059782_959435.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2005-08-25 15:19 | Comments(0)
<< 日本のカントリーサイド 手抜きなお菓子作り >>