すごいぞ鳥取!

先日のお盆の帰省の際、車のブレーキが変なので夫は軽トラで
私と娘はローカル線の汽車(電車ではない)で夫の実家まで行きました。

乗った汽車の車両は二両(一両のも見ました)で単線&無人駅たくさん&手動ドア&扇風機
&手で開ける窓&窓からの景色 すべてに感動!でした。
娘と3時間の旅でしたが古きよき日本にワープしたような不思議な旅でした。

本当の鳥取は汽車から見える かもしれません。

ぜひ皆さん鳥取に来たら各駅停車の汽車に乗ってみてください。 
c0059782_22131376.jpg

[PR]
by arinomi276 | 2005-08-16 22:13 | Comments(4)
Commented by 大村妻 at 2005-08-17 06:27 x
もしかして、鈍行に乗られたのでしょうか?ならばすごい長旅ではありませんでしたか?

ありのみ母さんに朗報が。11月から3月の間は、扉も手で開けます。
(暖房をかけるので、暖気が逃げないように)
あと、通勤・通学時間は、階段を駆け上がる様子が見えると、ちょっぴり待っててくれます。車掌さんによりけりでしょうが…この1本を逃すと、確実に遅刻になりますからねえ。
仕事で東京に行った時、サラリーマンやOLの皆さんが必死の形相で走って電車に駆け込むのを見ました。ちょっと待ってれば数分後に次の電車がやってくるのに、なぜ急ぐのかすごく疑問でした…。
Commented by ありのみ母 at 2005-08-17 10:21 x
確かにおばあさんを待つ車掌さんの姿がありました。
暖気が逃げないように手で いいですね~
東京にいるとなんだか時間に追われるんですね~
一本でも速い電車に!と競争です。
子供を持つと縁がなくなりますね~
Commented at 2005-08-17 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by arinomi276 at 2005-08-17 14:31
麻衣子ちゃん書き込みありがとう。こちらは元気です!
今年は天気続きですし、今のところ台風にも遭わずいい梨が収穫できそうです。私たちの梨を楽しみにしてくださっている方がいること 
ありがたく思います。
今日DM送ります。どうぞお元気で!
<< チラシ作り お墓参り >>