ありのみ父の奮闘

春から何度も酢の散布を繰り返しています。
乗車して散布するSSなら半日で終わりますが、SSは土を固めてしまうので、数年前から手散布でしています。
手散布だと3~4日かかります。
ありのみ父は樹の立場になったらどうしてもSSは使えないと言います。
合羽など完全防備で重いホースを引きずるのは重労働で、夏場は体重が落ちるほどです。
しかしこの酢の散布も完全に病気や害虫を抑えることはできないのです。
無念に被害を受けてしまうことが多々あります。
少しでも減らせることを信じての散布です。
ありのみ父は本当に信念で日々奮闘しています。

果樹園ですごく大きなオオバコを見つけました。
手散布と草生栽培で土がやわらかくなってきたからかな?
[PR]
by arinomi276 | 2013-06-18 09:31 | Comments(0)
<< らっきょう漬け 田植え >>