袋かけ

梨の小袋かけ作業がはじまりました。
病害虫から守るために実に小袋をかけていきます。
農薬も直接かかりません。
c0059782_1540082.jpg

この作業は雨の日には出来ません。
ありのみ父は黒星病の付いた葉を取り除く作業をしています。
雨の日にあっという間に広がる病気でなかなか無くすことが出来ません。
[PR]
by arinomi276 | 2011-05-26 15:40 | なし | Comments(2)
Commented by KENKO at 2011-05-27 14:53 x
クローバーの首飾り、かわいいですね。
お嬢ちゃん大喜びって感じ・・・
れんげやクローバーで遊んだ子供の頃を思い出しましたよ。
もうすぐおねえちゃんですね。

梨の袋かけ、大変ですね。
今時は袋は市販されてるのでしょうね。
私が子供の頃、福部の梨農家に親戚のある友達の家では
季節が近づくと、家族みんなで新聞紙で小袋を作っていました。

遠い遠い子供の頃の事を懐かしく思い出しました。
Commented by arinomi276 at 2011-05-27 19:51
KENKOさん、おひさしぶりです*
長女が摘んでくれたクロバーで作りました。
私もクローバーを見るとついつい手が動いてしまいます。
今はドライになって部屋に飾っています。
次女も6月の末で2歳になり、2歳でお姉さんになります。

袋かけは小袋はかけやすくて楽しいくらいなのですが、大袋は針金で一つ一つ口を閉じていくので大変です。
気温も高くなってくるので大袋はなかなかはかどりません(苦笑)
昔、新聞紙で袋を作っていた話を聞いて本当に昔の方のご苦労に頭が下がるばかりです・・・
木箱を背中に担いで運んだことや今の何倍も大変だったと思います・・・
本当に驚かされます。

どうぞお元気でお過ごしください*
<< 五月 みずぼうそう >>