農村の現実

私たちの住む集落は高齢のご夫婦2人暮らしというお宅が多いです。
80歳くらいのお爺さん、お婆さんが青年並みに雪かきをされている姿を目にしています。
頭が下がるばかりです。
今日は、集落の水路を守るために一日、山の上から集落までの水路の雪かきです。
大変な重労働ですが、多くのお爺さんお婆さんが参加されていました。
農村で自分たちの暮らし、生活を維持していくことの大変さを実感しています。
[PR]
by arinomi276 | 2011-01-18 13:30 | Comments(0)
<< 断水生活 水道 >>