熊現る

しばらく前から山のドングリなどの樹が枯れているのが目立っています。
山の食べ物が減っているせいでしょうか?
佐治ではなく福部の果樹園に熊が出てたくさんの梨がやられてしまいました。
数えていないのでおおよそですが1000果くらいは食べられてしまったようです。
早速、ありのみ父が熊避けの柵を設置しました。
これ以上被害が出ないといいのですが…
[PR]
by arinomi276 | 2010-08-11 19:46 | かぞく | Comments(2)
Commented by 宇山辰夫 at 2010-08-11 21:16 x
ありのみさんこんばんは
広瀬でも6~7月に2頭の熊が猪の罠と檻に掛かりました。
広瀬で掛かった所は、中山間地も里山に近い山でした。
猟師の話では今の時期山に餌があるはず・・・それが里山に近いところまで出るのは???と言ってました。
2匹とも麻酔銃で眠らせ、中国山地の奥に放したそうです。
熊は絶滅危惧種。捕獲したら必ず県に報告。その結果放獣処置。
広瀬では被害は無かったですが、ありのみさんの所では害獣になっていましたか。
自然、野生動物と共生。難しい問題ですよね。
保護、共生を声高く言う人は殆どが都会か、その生活の糧に被害を受けた事のない人!猪の被害も受けた事の無い人が共生できるだろうと言う!
貴方ね、共生するためにどんな努力と労力が必要か分かる?

現実にそこに生活していないで、共生 共生と言われてもね~!
難しい事かわかりませんが、野生動物防除はなるべく餌から離れた場所に柵を設置するのが効果的ですよ!
被害がこれで終るといいですね!
Commented by arinomi276 at 2010-08-14 10:09
宇山さん、こんにちは*
ありがとうございます。
おかげさまで今のところは被害は増えていません。
どうやら小熊のようです。

山ではナラ類の広葉樹がかなり虫の被害を受けています。
景観も変わってしまい山を見るたびに心配です。
本当に世界規模で自然がおかしなことになっていますね・・・

電気柵や鉄砲などかなりの出費です。
これ以上被害が出ると生産費を引いたら手元に残るのはどれだけでしょう・・・
無事に収穫できてお客様に喜んでもらってはじめて収入が得られる・・・農家は本当に大変ですね・・・
<< 20世紀梨販売に向けて とれたて >>