長女のこと

c0059782_16163285.jpg

昨年の10月に長女が急性脳症という病気を発症しました。

ある時、突然に身体や知能に障がいが出てしまう病気で、命を落とすこともあります。

長女の症状は興奮状態で、脳波に異常がありました。
血液製剤の投薬により日に日によくなりましたが、後遺症が残る可能性の高い病気で心配な日々が続きました。

現在も娘には痙攣を起こしやすいという後遺症がありますが、今のところ出ていません。
毎日、健康で過ごせることに心から感謝する日々です。

そして日本中、世界中で急性脳症によりある日突然、障がいを持ち、毎日リハビリを続け、懸命に生きているお子さん、親御さんがおられます。

事故や病はいつ起こるかわかりません。健康は宝です。
[PR]
by arinomi276 | 2010-02-07 16:16 | かぞく | Comments(2)
Commented by ワレモコウ at 2010-02-10 12:24 x
りんこちゃん、訪問後に大変な事になってたんですよね‥
まさかの出来事が起こると、色々と気付かされますね。
(新インフルエンザから、その症状へとなるケースも多い様です)

また、元気なちびっこ2人と会える事を楽しみにしています♪
Commented by arinomi276 at 2010-02-13 20:35
ワレモコウさん、お元気ですか?
おかげさまで倫子は元気に過ごしています。
本当に今回を機会にいろんなことを考え、学びました。
自分の身に起こってみなければわからないことがたくさんあるのだなあ・・・と実感しました。

めちゃくちゃにしておりますが(笑)、またぜひおいでください。
お待ちしております☆
<< しかく・しかく 雪景色 >>